【エル爺奮闘記第18話】爺、「笑み曲ぐ夢魔と」に挑戦する

FF11【奮闘記】
スポンサーリンク

(前回までのあらすじ)

サポレベルも47まで上がったので、一旦区切りとしてまた青魔道士に戻る爺。

ちょいとウィンダスのミッションを進めておこうと思い立ったのだったが・・・

スポンサーリンク

ウィンダスミッション7-2「蘇る神々」

ウィンダスミッション7-2「蘇る神々」からになります。

鼻の院に行きLeepe-Hoppeに話しかけた後にKerutotoに話をするらしい。

Leepe-Hoppeに話しかけた後に・・・

Kerutotoに話しかけて・・・なのですが・・・、Kerutotoに話しかけても・・・

ん~、むにゃむにゃ……。ソ・ジヤ遺跡……すぴー……。

え?オイィィ!?

これは、なにかイベントが優先されている!?

調べてみると、とあるイベントが発生していました。

笑み曲ぐ夢魔と

なんて読むの!?

「ゑみまぐむまと」と読みます。

ディアボロスかぁ・・・

まぁ、フェイスいるからいけるかも!?と挑戦しに行くことを決意。

ひょんな事から、ディアボロス編の開始です。

ソ・ジャへ行く

なんかボスティン氷河のアウトポストの近くから入れるということで、以前に本を登録してあったのでワープしていきます。

便利な世の中だなぁ。

んで、ソ・ジャ遺跡に入る訳ですが・・・

マップが無い!!

何なんですかね。このドタバタ感。

でも行っちゃう!

なんか途中迷路みたいなのがあったけど適当に進んでいたら抜けた。

Lv80で道中は「練習相手」なので絡まれる心配もありません。

そう言えば昔、レベル制限とかもあったよねーとか懐かしみつつ、マップ無いけど適当に進みます。

すると、エレベーターみたいな床が上下する場所に。

あった!!こんなのあったよ!!!

懐かしい!

さらに進むと・・・

なんか正解っぽい!!これ正解っぽい。

というわけで到着です。

ディアボロスに挑む

という訳でいざ、BFへ。

まってろよディボロス!

中に入るとイベント開始。

顔小さいよねぇ。モデル体型だよねぇとか思いつつ。心は戦闘に向けて着々と盛り上がって来ています!

さぁ。イベントが終わりBF開始位置に転送されます。

さぁ、いよいよバトルの開始。こちらの本気も見せてやるぜ。

来い!フェイス!!

来い!!フェイス!!!

ん・・・?

こ、こい!!フェ、フェイス!?

き、きてください!フェイスさん!!

((((;゚Д゚))))

ここ、フェイス呼べない・・・

ソロで挑むディアボロス

と言う訳でですね・・・

ソロです。

爺が青/踊ソロでディアボロスに挑む事になりました。

結果は・・・

チーン

ディアボロス編終了

えー、これに勝つためにレベル上げが必須になりました。

これからの活動を考えてみる

これまで流れをおさらいしてみましょう。

アジドマルジドフェイスが欲しかったのが発端です。

アジドマルジドフェイスを取ろうと思ったら、ウィンダスミッションの進行が影響していて入手が不可になっていました。

と言う訳でウィンダスミッションを進めようとした訳です。そして、そのウィンダスミッションを進めようとしたら「笑み曲ぐ夢魔と」のイベントが優先されてウィンダスミッションを進められな状態になっていた。と言う訳で「笑み曲ぐ夢魔と」を進めようとしました。

そして、今「笑み曲ぐ夢魔と」を進めようとしたらレベルが足らない事態に陥った。

これが大枠の爺復帰からの流れになります。

何も進んでいない!(粗品風)

と言う訳で、レベリングを進める必要があります。レベル上げを有利に進めるには星唄ミッションを進めた方が有利なので、レベル上げをしつつ星唄ミッションを進める事が最優先事項になったという事ですねぇ。

のんびりぼちぼちですよ。

つづく

これまでの日記はこちらから読めます。

ファイナルファンタジーXI【エル爺奮闘記】
ファイナルファンタジー11のヴァナ・ディール生活日記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【奮闘記】
スポンサーリンク
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました