【第42話】金策に持って来い!?懐かしのオズトロヤ城を探索

FF11【奮闘記】
スポンサーリンク

どうもメリ爺です!

ご無沙汰ですね。ネタ溜まってますが・・・時間がありません。でも頑張ってドンドンネタ出ししていきます!!

さてさて・・・今回はみなさんが大好きなオズトロヤ城を探索したいと思います。

引退した人は懐かしさが込め上げてくるんじゃないですか?

それではレッツゴー!!

スポンサーリンク

最深部に行くための関門は3つ

このオズトロヤ城、すんなりと最深部に行かせてくれません。

暗号を解かなくてはならない3つの関門があります。あのカラスなかなか知恵ものです。

この3つの関門を覚えてますか?ほら、これだけでも懐かしいでしょ?

第一関門

まずは第一関門です。

 

こんな扉です。懐かしいでしょ?

これは左右のレバーのどちらかを選ぶと扉が開く仕掛け。

レバーを間違えると・・・

落とし穴!!

昔は恐怖でしたね~。落ちた先に強いヤグがいて、一本道で逃げ場がない。まさに死の落とし穴。

レベルが上がった今は遠回りさせられて面倒なだけですが(笑)

レバーを選択して、さっと落とし穴から離れるとハズレても罠にかかることがありません。鳥と人との知恵比べ。

さて、この第一の扉を抜けてしばらく進むとこんな所に出てきます。

下は入口近くの大広間なんですが、ここ上の段から釣りができるんですよね。

釣るとどうなるのか?

この場で戦闘になるのではなく、ヤグードが追っかけてきます。

そうなると・・・

こうなります。

道中で仲間に声をかけてすごい数で攻め込んできます。

むかし、これで大惨事になった記憶があります。

軽い気持ちでディアしたらかかっちゃって、しばらく何もないのですが・・・

忘れたころにヤグの大群がやってきてドワー!!ってなった記憶。

う~ん、これぞFF11って感じです。

まぁ、レベル高いんで楽勝なんですけどね。

第2関門

続いて第2関門です。

ここからはハズレのペナルティが無くなる親切設計です。

手当たり次第にやれます。

4つのレバーを上げ下げして正しい組み合わせになると扉が開く仕掛けです。

2進数の要領で順番に上げ下げすればいつかは当たりになる上に、自動で扉まで開くので本当に親切。ヤグード優しい。

第3関門

続いて第3関門です。

まぁ、この前にトーチに火をつけるのがあるのですけど、それは合言葉とかではないのでノーカンです。

さて、ここは合言葉を3つ入れる難易度の高そうな関門です。

合言葉は、この10個。

  1. Deggi
  2. Haqa
  3. Mjuu
  4. Puqu
  5. Ouzi
  6. Duzu
  7. Gadu
  8. Mong
  9. Buxu
  10. Zicu

この中から3つの組合せでかつ順番まで関係してくるって、すごい難しいと思いますよね。

しかしヤグは優しい。

なんと合言葉を言うたびに正解、不正解を教えてくれる。

だから手あたり次第入れていけばいつか正解に辿り着きます。

あ、道中ヒントはあるんですよ。1つ目「〇〇〇〇」みたいな。

しかし、鳥頭の彼らは三歩歩く忘れるんでしょうね。

なので手当たり次第になったのだと思います。

最深部

そしてついに最深部です。

思い出深い人も多いのではないでしょうか?

レイズIIツアーとか

ここのヤグ強かったですもんね。

フルアラとかで臨んでた時代もあったと思います。

今やソロでウロウロ出来ます。

残念ながら今回はヤグ神はいなかったんですが、堪能する事ができました。

この色々堪能できるのがいまのヴァナの良い所ですよねぇ。

また懐かしい場所に行ってみたいと思います!!

動画

今回の探索は動画に纏めてあります!

よかったらご視聴ください。

チャンネル登録も待ってます!!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【奮闘記】
スポンサーリンク
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました