マイティガードをラーニング!神竜の強さは?ラーニングのしやすさは?

FF11【奮闘記】
スポンサーリンク

青魔道士として通常の青魔法は全てラーニングできました。

しかし青魔法にはアビリティ「ノートリアスナレッジ」を使用後に使える特殊な魔法があります。

これらはノートリアスモンスターの様な強力な敵からラーニング出来る魔法です。

その中でも必須青魔法と言われる「マイティガード」

いよいよ、ラーニングする時が来ました!!

スポンサーリンク

解説しよう

マイティガードとはこんな魔法です。

Lv99 MP299 詠唱時間3.0秒 再詠唱時間30.0秒
系統:魔法-強化 属性:光
自身の防御力、魔法防御力をアップし、攻撃間隔を短くする。さらに、HPを徐々に回復する。

「防御アップ」「魔法防御アップ」「ヘイスト」「リジェネ」のステータスアップを一気に付与するマイティガード状態になる魔法です。

上昇率は次の通り。

  • 防御力アップ25%
  • ヘイスト15%
  • リジェネ30HP/3sec(1800HP回復)

こりゃすげぇ。

しかも、他の魔法と共存可能。ディフュージョンで範囲化可能などとんでも魔法なんです。

こりゃ覚えない訳にいかんぜよ!!

ラーニングの場はアビセア

このマイティガードは「神竜」がつかいます。「シェンロン」ではありません。「しんりゅう」です。

そうです。アビセアメインクエストのラスボスです。

アビセアクエストを進めた先にある青魔道士へのご褒美的存在がマイティガードになんです。

爺もマイティガードのためにアビセアメインクエストを進めていました。

決戦の場へ

なんか観光地で羽を背景にばえる写真を撮るエシャンタールさん。可愛い人ですね。

さて、アビセアクエストを進めます。

カトゥエラ族を討伐して物語は急展開。一気に神龍戦まで進められます。イベントだけなので攻略もなにもないですね。

イベントを進めるといよいよ神竜戦。まぁ、アビセアの謎などが判明してくのでストーリーももちろん楽しみます。ネタバレになるのであまり触れませんが、アビセアの世界の謎が判明します。

神竜戦の感想

アビセアのラスボス神竜との闘いです。

以前は最強のラスボスとして君臨していたようですが、IL時代となった今、簡単に倒せる敵となったようですね。実際に「死の宣告」さえ乗切れば何とかなります。

HPゲージがないので、なんか倒したのかどうなのかがよくわからんって感じだったりと不思議な感じではあります。

突入→イベントって流れで戦闘始まっちゃうの?って不安になったりもしますが、その辺はご安心をください。しっかりとフェイスを呼べます。

なんだか宇宙的でファンタシースターを思い出す感じです。

ラーニングのしやすさ

4戦目でラーニング出来ました。

ラーニング率アップ装備は無し。比較的しやすいのかもしれません。

毎回10,000クルオ消費なので、コスト的にも4回でラーニング出来て良かった~と言うのが正直な感想です。

なのでクルオがそこそこあれば、アビセアを進めれば十分にラーニング可能な魔法ですよ!

そして、これは必ず覚えるべきです。

マイティガード習得して思った事

アンバスケードでめっちゃ安定する様になりました。

何と言うか如実に変化を感じる事が可能です。おそらく他のコンテンツでも圧倒的に変わると思います。すげぇ。青魔すげーって思える魔法です。

いやぁ、これ病みつきです!

という事でまだ覚えてない人は最優先で覚えましょう!!

とにかく必要なのはクルオです!!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【奮闘記】
スポンサーリンク
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました