【エル爺奮闘記第19話】爺、共鳴をラーニングしにいく

FF11【奮闘記】
スポンサーリンク

「笑み曲ぐ夢魔と」に絶望を覚えてレベル上げを決意する爺。

レベル上げと同時、青魔の実力パラメータとも言える青魔法もラーニングしておきたいと思う爺。

Lv75から80まで駆け上がったせいもあり、この間の青魔法を覚えていなかったのもあります。

レベル上げも兼ねて取り逃しているものをラーニングしていきましょー!と旅立ちます。

スポンサーリンク

「共鳴」

ざっと調べると「共鳴」が覚えていないので「共鳴」ラーニング、アーンドレベル上げをしていきたいと思います。

青魔法「共鳴」の性能

さて、青魔法「共鳴」の性能です。

Lv71 BP3 MP24 詠唱時間0.5秒 再詠唱時間1分30秒
系統:魔法-強化 属性:火 追加特性:なし
自身の攻撃力をアップする。
ステータスボーナス:STR+3
攻撃力+38/256(約14.8%)、効果時間1分30秒

FF11用語辞典より

攻撃アップはなかなかの性能のようです。ただ単体なのでディフュージョン必須の様ですね。再詠唱は1分30秒。ディフュージョンの使用間隔は10分なのでパーティ全体にかけ続けるのは難しいですね。

まぁ、爺はソロだから関係ないんですけどね!

そして、セットによる追加特性がないのが痛いですよねぇ。

とは言え、「全てラーニングするのは青魔の性」と言うことでおぼえにいきます。

いざラーニングへ出発!

ラーニングできるのはガーゴイル族。悪魔系ですね。

悪魔系といえばザルカバードに代表される北の大地ですよね。

ズヴァール城を拠点とする悪魔たちがわんさかいる地帯。

サブゼロスマッシュを覚えたこともあってザルカバード〔S〕も行けるんですが、ラーニングなんで安全にもう少し楽な敵がいたらいいなぁと思い、現代ザルカバードからズヴァール城へと調査に行きました。

ズヴァール城は練習相手にもならんのばかり

アイキャッチにあるようにズヴァール城の奥底まで行ってみたものの、これが「練習相手にもならない」ばかり。レベル上げを兼ねてのラーニングツアーなので、やはり練習相手がいいなぁと思うのですよ。と言うわけで、ズヴァール城は諦めてザルカバード〔S〕へと向かうのでした。

ひさびさにズヴァール城に行って懐かしい感じでしたなぁ。また遊びにきますよ〜!

ふたたびザルカバード〔S〕へ

再びザルカバード〔S〕へと向かいます。ホームポイントを登録しているので楽チンです。

移動は楽チンですが、このあたりの敵はLv80の視点で「つよ」です。

うん、レベル上げにはもってこいの場所ではあります。インプ族とかやっかいなのもいますが、経験値うまーです。

フェイスと一緒に連戦連戦!!

しかし、共鳴使ってくれないし経験値うまーで時間が過ぎて行きます。

お気付きだろうか

さて、みなさんお気付きになられただろうか?

爺が戦っている相手・・・

デーモン族なんです。

共鳴を使うのは・・・ガーゴイル族

お前じゃなーーーーーーい!!!

何という・・・

狩る敵を間違えていたと言う恐ろしいオチ。

ガーゴイルはデーモン類ガーゴイル族です。

爺が狩っていたのは、デーモン類デーモン族。

類は同じでも族が違う。

なんてこったーい!!

と言うわけで、今日の狩りはこれにて終了です。ちかれた・・・

つづく

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【奮闘記】
スポンサーリンク
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました