【FF11】カルカリアンヴァーヴをラーニングする

FF11【攻略】

私、カルカリアンヴァーヴをまだ覚えてなかったんです。

という訳でラーニングしにいきます!

カルカリアンヴァーヴの性能

さて、ラーニングするカルカリアンヴァーヴとはどんな魔法なんでしょうか?

カルカリアンヴァーヴは通常の青魔法と異なり、ノートリアスナレッジ使用後もしくはN.ウィズドム効果中に使う事ができる青魔法となっています。

Lv99 BP- MP65 詠唱時間1秒 再詠唱時間30秒
系統:魔法強化 属性:
物理攻撃力魔法攻撃力をアップし、魔法詠唱中断率をダウンする。

カルカリアンヴァーヴ(FF11用語辞典)

物理攻撃(+20%)、魔法攻撃(+20)も魅力的なんですが、それよりも魔法詠唱中断ダウンの回数が凄い。なんと中断防止回数10回!範囲狩りに欠かせない魔法らしいです。どうやらマイティストライク同様に必須青魔法と言われている魔法らしいです。

いや、今まで覚えてませんでしたが笑

これは全体にラーニングしましょう!そうしましょう!!

ただしアクアベールで上書きしちゃうんで注意です。

ラーニングまでの流れを動画にしたので良かったら見てやってください。更に良かったらチャンネル登録なんぞしてください!

カルカリアンヴァーヴをラーニングする!

必須と言われるくらい高性能の青魔法カルカリアンヴァーヴ。

早速ラーニングしに行きましょう!

カルカリアンヴァーヴを使う敵

カルカリアンヴァーヴはロックフィン族が使います。

いつでも会えるロックフィン族と言えば、七支公のTchakka(チャッカ)。エヌティエル水林のワイルドキーパー・レイヴとなります。転輪羅針儀が必要となるので東アドゥリンで手にいれておきましょう。

Tchakka(チャッカ)との戦い方

チャッカさんなんですが、マリーンメイヘムに注意が必要です。

この技、離れていると即死効果が発動する恐怖の技です。なのでプレーヤーはチャッカにくっ付いて戦う事が求められます。

フェイスは大丈夫なのか?と言うとフェイスも即死効果を受けます。が、ワイルドキーバー・レイヴはヘイトリストに自分が載っていてもフェイスを呼ぶことができるので、倒れたフェイスはゾンビアタック可能です。とは言え、リキャストがあるんでバタバタ倒れると困るので、フェイスとチャッカの距離も気にしてあげましょう。

もう1つ、タイダルギロチンも注意が必要です。こちらのHP50%未満だと、これまた即死効果発動らしいです。チャッカの一発一発は軽くは無いですが、すげぇ重い訳でもないので、HP回復をしっかりしていれば50%を切る事はないかと思います。

爺のカルカリアンヴァーヴをラーニング実績

さて、私の実績です。

  • 青(メリ爺)
  • 獣使い(2nd垢)
  • アークEV
  • セルテウス
  • コルモル
  • アプルル

この構成で挑みました。途中でアプルルが2回ほど沈みました。アプルルは離れる系フェイスなので仕方ない。ですが、2回目で沈んだところでリキャスト中だったので、沈まないガル白フェリア・スコフィンに変更しました。

2回戦い、2勝。2回目でラーニング成功しました!!

カルカリアンヴァーヴをラーニングのポイント

ラーニングのポイントなんですが、戦い方は先ほど説明した通り。

その他のポイントとしては、当たり前の事なんですがラーニング確率アップ装備をしておく事。

私も1回目は装備してなかったんですが、2回目はしっかりと装備しておいたらラーニングする事が出来ました。万全の準備って大切ですね。

という訳で、まだ覚えてない方の少しでもお役に立てたら嬉しいです!

よろしければ拡散お願いします!

最後まで記事を読んでいただき本当にありがとうございます。

本記事が「役に立った」「楽しかった」と思っていただけたらTwitterなどで他の方へ記事を紹介、拡散していただけると嬉しいです。

また、「メリ爺もっと頑張れよ!」と応援の意味での拡散も大歓迎です!!

下にある「シェアする」のボタンを利用していただくと簡単です。

あなたの拡散がブログ継続の原動力になっています。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【攻略】
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました