【FORTNITE】GTX1660Tiでレイトレーシング体験

スポンサーリンク
FORTNITE
スポンサーリンク

レイトレーシングで美麗なグラフィックを楽しみたい!と思っている人。

でも、グラボはGTXだし、RTXは高いし品薄だし入手困難だし・・・とあきらめている人。

GTX系でもレイトレーシング体験できる方法があります。

本記事は、そんなGTX系のグラボだけどレイトレーシング体系をしたい用の記事なります。

スポンサーリンク

GTX系グラボでレイトレーシングを味わおう

それではGTX系グラボでレイトレーシングを体験する方法です。

GeForce Game Readyドライバーを入れる

GeForce Game Readyドライバーを導入すると一定の要件を満たすGTX系グラボでもレイトレーシングを体験する事が可能です。

こちらからリンクを手繰ればドライバーまでたどり着くと思います。

Gamescom の Game Ready ドライバーはパフォーマンスを最大 23% 改善し、新しい超低レイテンシ、整数スケーリング、画像を鮮明にする機能などを実現
『Apex Legends』、『Battlefield V』、『Forza Horizon 4』、『Strange Brigade』、『World War Z』をより高速に実行できるようになり、レトロ ゲームやピクセル ゲームは整数スケーリングでより良い見栄えになり、最新のゲームは NVIDIA Freestyle で...

ところで一体レイトレーシングとは?

レイトレーシングとは英語で表記するとRayTracingです。意味はそのまま直訳で、Ray【光線】Tracing【追跡】の事。

光を追跡する・・・光の動きを正確にトレースする処理になります。反射だけでなく屈折も含めて正確にトレースします。

より自然な形で光源からの光の処理や水の屈折、鏡面反射が実現可能です。

超高性能を求めるレイトレーシング

光の動きを計算で正確に求める事はコンピューターに大きな負荷をかけるので、かなりの性能を求められます。

RTX系はこれらの処理がH/W側に実装されているので処理速度が速いのですが、GTX系は実装されていないのでS/Wレベルで実施されます。それだけGPUに負荷がかかる事になります。

レイトレーシング対応ゲームである必要がある

さてさて、レイトレーシングですがどんなゲームでも出来る訳ではありません。

当然、レイトレーシング対応ゲームが必要になってきます。

その中でもGTX系でも大丈夫なゲームである必要があります。

具体的に言うと、MINECRAFTの統合版はレイトレーシング対応になりましたが、システム要件としてRTX系のグラボでないと利用不可だったりします。

FORTNITEはハードウェア要件が無いので、GeForce Game Readyドライバーを導入すればレイトレーシングを体験する事が可能になります。

FORTNITEでレイトレーシングを体験してみた

と言う事でFORTNITEで早速レイトレーシングを体験してみました。

以下のスクショはレイトレーシングオフの状態です。

そして、こちらがレイトレーシングオンの状態。

 ガラスに反射している景色がまるっきり違う!!

これぞレイトレーシングのなせる業。

自分の姿の映り込み、背景の映り込み。

完璧です。

右上にfpsを表示しているのですが、これがエグい。レイトレーシング対応させたとき9fpsとかなってます。カクカクとかのレベルを遥かに超えています。手抜きアニメーションの様なカクカクっぷりです。

ですが、まぁレイトレーシング体験は出来ると言う事です。

比較しやすい写真掲載しておきます!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FORTNITE
スポンサーリンク
Meritをフォローする
スポンサーリンク
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました