【エル爺奮闘記第28話】爺、青のサポを真面目に考察する

FF11【奮闘記】
祝え!爺がリフレシュを覚えた瞬間である!!
スポンサーリンク

ダブルアタックをラーニングして、次なる目標は何にするのか?

そう思った時に、サポジョブを何にするのか?と疑問が出たのでした。

スポンサーリンク

青魔のサポを考察してみる

何をするか?と次の目標を考えた時、爺の最終形態をどうするのか?そういったビジョンが何も無いことに気がついたのでした。メインは青魔。基本はこれですよね。シーフや詩人はサブ的な位置づけ、モンクは気晴らしと言った所。メインは良いんです。

サポートジョブをどうするのか?これが全く考えてなかった。なんとなーく便利だからサポ踊だったんですね。ソロでの順応性も高いので。

しかし、時代はフェイスの時代。結構ガチパーティっぽいサポジョブ付けても色々な事が出来る時代になりました。

しっかりとサポートジョブを考える必要があったんです。

青/踊

現在のサポジョブです。

利点は踊りによるドレイン、アスピル、あとは臨時の回復ですね。

そして最大の魅力が二刀流。これによってTPの貯まりも早いので永続的に踊りも出来るし削り性能も高いのが踊り子の特徴。

ダブルアタックが無いので追加特性で付ける必要あり。

またオートリフレも必須になってくる。

青/戦

バーサク、ウォークライと攻撃力を上げるアビリティに加えてダブルアタックと言った一流の削り特性を持ち合わせるジョブ。

二刀流は自前で青魔セットの追加特性で付ける必要がある。

サポ踊同様、オートリフレも必須になってくる。

青/赤

リフレ、コンバに加えてエン系で削りもアップ出来る。

様々な強化魔法と弱体魔法を組み合わせられるのが特徴。

ダブルアタック、二刀流を自前で覚える必要あり。

しかし、リフレシュとコンバートが使える為、オートリフレが不要になるので、青魔セット的にはかなり余裕がでる。

結論としてはサポ赤

いろいろと悩みましたが・・・

結論としてはサポ赤行ってみたいと思います。

サポシもサポ学もいけるんですけどねー。

でも、敢えてサポ赤。

と言う訳でレベル上げ

んで赤なんですけど、Lv35。全然サポレベル足りてないwwwww

レベル上げです。

このくらいの時はガルレージュが丁度よいって言ってた。

コウモリと昆虫ウマー!

って事であっという間、リフレシュレベル到達。

ジュノに戻って競売を見たら・・・なんと1万ギル。

安くなったなぁ。本当に安くなった。あのリフレが1万ギルです。

 

リフレシュを覚えたぞ!

はい!

おぼえたー!!

FF11正式サービス開始から17年。ついに爺がリフレを覚えました。

レベル45からは西アルテパ砂漠がいいよ!

んで、飽きずにレベリング継続です。

ガルレージュもLv45くらいで空きて、もうあとは90になったら再開しようかなんて弱音も出てきましたが、心を鬼にして戦い続けます。

この懐かしい西アルテパ砂漠のカブトムシ山でレベル50に到達しました!!

感極まって夕日に走り出す爺でした!

サポ赤頑張ります!!

つづく

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FF11【奮闘記】
スポンサーリンク
Meritをフォローする
真・仮想空間の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました